葬儀の受付での挨拶

葬儀の挨拶は決まった形で

葬儀での受付での挨拶の仕方とは

葬儀に参列する場合、受付で香典を出すことが多いです。香典を出すとき、どのような挨拶をしたらよいのか悩みますが、厳かな式であり、お悔やみをする場であるので、しっかりとした口調で話す必要はありません。受付での挨拶の仕方は、このたびはお悔やみ申し上げますなど、決まった言葉で良いでしょう。葬儀の場合、語尾はしっかりと言う必要はないため、小さな声で話しても大丈夫ですし、途中で頭を下げてお辞儀をしても大丈夫です。自分の知り合いが担当していてもその場で無駄話をしたり、話しかけたりするのは控えるようにし、さっとすませるようにします。

葬儀の受付での挨拶マナー

葬儀に参列する時には、遺族や近親者に対するマナーや正しい言葉遣いが大切です。受付では、まず一礼をしてから「この度はご愁傷様です」といったお悔やみの挨拶をします。多くの参列者がいますので長い個人的な挨拶は避け、また「度々」「重ね重ね」といった忌み言葉は使わないようにしましょう。この後、ふくさから香典を取り出し、葬儀の受付をしている人に必ず両手で渡します。香典の中包、中包がなければ袋の裏に住所、氏名ならびに金額を書きます。また、会葬者名簿が用意されている時には、そちらにも住所と名前を読みやすい字で書きます。この後は、一礼し、係の人の案内に従って会場に向かいましょう。

葬儀の挨拶マナー情報

新着情報

↑PAGE TOP